和太鼓の達人

和太鼓の種類、演奏、曲、衣装、バチなど初心者の方に解説紹介!

「投稿者: TOMO」の記事一覧

和太鼓 岡村竜司

自身の活動の一環として津軽三味線、尺八など和楽器を主体としたユニット「月詠-TSUKUYOMI-」を結成。活動を展開中。 その他シンガーソングライター、フラメンコ、中国獅子舞、殺陣、声明などジャンルを問わず共演。またレコーディング参加は、TVCM、映画音楽、アニメ、ロックバンドなど多岐に渡る。(HPから)

向井俊介

ソロ活動でのセッション等をメインとしプロとして活動を展開。国内外問わず活動の幅を広げている。担ぎ桶太鼓の演奏には定評があり、その激しく打ちならすリズムの応酬は見るものをビートの渦へと巻き込む!(HPから掲載)

太鼓奏者 石塚由有

2009年、大江戸助六太鼓より独立し、ソロの太鼓奏者としての活動を開始。太鼓を用いた様々な形態のユニットを立ち上げ、新しい「太鼓音楽」の更なる追究をするとともに、様々な分野のアーティストととの共演、楽曲提供、独自の太鼓  打法理論を交えた教室の開催等、その活動は多岐にわたる。(HPから)

川筋 義也 大和の風

福井県越廼出身。幼少の頃より神楽芸能と太鼓に親しむ。青年期に天地自然の摂理と真理に関心を示し、古神道、禅、道家導引、内観、光明哲学 に専心。現在、和太鼓,篠笛等の指導,演奏活動を行いながら' 天地自然 ' に溶け込んだ 生命の原点【 孤高の響き 】 を追求している。(HPから)

和太鼓奏者 月村路子

和太鼓・篠笛奏者。2006年に篠笛・能管奏者の山田路子と邦楽ユニット「打花打火」を結成。2012年からはソロ公演も開催しています。ライブ活動の他、和太鼓教室、作曲等の活動を始め、作業療法士の資格を生かし障害児への和太鼓指導も精力的に行っています。

和楽器奏者 神谷俊一郎

「鼓童」のメンバーであったが、2017年に太鼓を中心とした人々が集う場所を作りたいという思いから退団し「まといの会」を発足、主宰。愛知県を拠点に和太鼓、篠笛を始めとする和楽器演奏、民俗舞踊等の表現活動に加え、作曲、楽曲提供や舞台演出、教育機関などへのワークショップ活動に力を注いでいる。

ONE VISION

オーディエンスとともに踊る音楽を狙う、4人の和太鼓奏者が奏でる全く新しいアンサンブルです。そのパフォーマンスは和太鼓そのものの音色を大事にしつつ【観る】【聴く】はもちろん、現代の和太鼓エンターテイメントの中で薄くなりがちな【踊る】をふたたびリンクさせ観る者に再発見させます。

和太鼓奏者 中野 歩

2018年にプロとしての活動を開始し、和楽器の魅力、可能性を追求しながら、それらを表現できるよう日々稽古に励んでいます。また各地で和太鼓教室、講座を開催し、老若男女問わず様々な年代の方が和太鼓に触れる機会を作り、和の伝承及び後進の育成にも力を入れています