和太鼓の達人

和太鼓の種類、演奏、曲、衣装、バチなど初心者の方に解説紹介!

「和太鼓の基礎知識」の記事一覧

拍子木

「拍子木」とは、樫(かし)などの堅い木で作った四角い棒状で、その名の通り拍子をとるための木製の音具です。二本の四角の棒を打ち合わせると、耳をつんざくような甲高い音を出します。カーンと乾いた響きは楽曲の始まりや終わりに強いアクセントを与えます。

銅鑼(どら)

「銅鑼(どら)」は、青銅、真鍮、鉄などでできた金属製の円盤で、多くは、枠に吊るしてバチで叩いて音を鳴らします。中心部を打つと低い音が出て、周辺部を打つと高い音が出るなど、打つ場所によって音の高低が違ってくるので、打つ位置を調整することによって、様々な表現ができる楽器です。

当たり鉦(チャンチキ)

「当たり鉦」は、「チャンチキ」とも言われ、お皿のような形状で、和太鼓や締太鼓、笛などとともに祭りのお囃子や和太鼓の演奏に使われています。真鍮(しんちゅう)製で、さまざまな大きさのものがあります。撞木(しゅもく)と呼ばれる先端に鹿の角のついた棒で叩いて演奏します。

篠笛(しのぶえ)

多くの和太鼓のグループは、演奏の中に篠笛を取り入れています。また、曲の構成に篠笛の独奏を取り入れるなどして、太鼓の迫力と篠笛の静寂といったアクセントを持たせたりしています。 篠笛は和太鼓と大変相性の良い和楽器であると同時に、和太鼓にはなくてはならないものともいえるでしょう。

和太鼓が主役の座へ

戦後、小口大八氏が「複式複打」という集団で太鼓を演奏するスタイルを考案し、脇役であった和太鼓を主役に押し上げました。その後、鬼太鼓座の結成が和太鼓専門プロ集団が誕生するきっかけとなり、「コンサート形式で和太鼓を演奏する」という太鼓演奏スタイルが急速に広まりました。

太鼓の伝来

古墳時代後期になると、大陸から儒教と仏教が伝来しました。そして、その伝来とともに、中国や朝鮮からさまざまな文化が伝来してきました。中国・朝鮮から様々な芸能が伝わった際に、それらに使われる楽器も入ってきて、その中に太鼓も

和太鼓の起源

太鼓は、様々な形のものが世界中に存在していますが、それらは中が空洞になった木の胴の両端に皮を張ったもので、胴の長さやふくらみ、皮の張り方に多少の違いはありますが、構造はほぼ共通しています。では、太鼓はどれくらい前から使われていたのでしょう。