篠笛・フルート奏者 神田 望美

べルギーを拠点に欧州・日本で活動する篠笛・フルート奏者です。ベルギーで4年間の留学を終え、横笛とフルートの両方で演奏活動をしています。西洋楽器のように、日本の楽器が世界で聞かれること、和楽器愛好家を増えること、日本音楽の音楽感を広めたいと願って活動中です

名前 篠笛、フルート奏者 神田 望美
プロフィール

神田望美プロフィール

べルギーを拠点に欧州・日本で活動する篠笛・フルート奏者。

音楽大学在学中、日本の伝統音楽への関心から篠笛の手ほどきを西川浩平氏に受ける。

ベルギーで4年間の留学を終え、横笛とフルートの両方で演奏活動を始める。これまでに各地フェスティバルに招待されている。

横笛による演奏は、ポピュラーな民謡アレンジからコンテンポラリーにまで及び、また日本の伝統音楽をフルートにアレンジされたものの演奏も行なっている。

David Loeb (Mannes 音楽大学教授 – USA)氏の作品初演など、活動は多岐にわたる。

西洋楽器のように、日本の楽器が世界で聞かれること、和楽器愛好家を増えること、日本音楽の音楽感を広めたいと願って活動中。

これまでに欧州諸国、中東、日本において、Festival Midi Minimes、Ars Musica, Festival Mozart、カルタゴ十月音楽祭初め多くの音楽祭・シリーズに出演。

Flagey、ブリュッセル音楽院、ブリュッセル楽器博物館、横浜みなとみらい小ホール、東京オペラシティリサイタルホールなどで演奏。

師であるマルク・グローウェウルス、西川浩平各氏、パスカル・モラゲス、フランシス・オルヴァル各氏など著名な音楽家と共演。

ベルギー国営ラジオ、フランス、ドイツ、ノルウェー、チュニジアなど各国のラジオ・新聞・TVで紹介されている。

出典:「NOZOMI KANDA flute&shinobue」ホームページ

動画
ホームページ

 

篠笛奏者に戻る

TOPページに戻る