和太鼓の達人

和太鼓の種類、演奏、曲、衣装、バチなど初心者の方に解説紹介!

「締太鼓」の記事一覧

締太鼓

「締太鼓」は、室町時代の能楽に使われた楽器のひとつで、その後、歌舞伎などにも使われました。くりぬいた胴に「鉄輪」と呼ばれる金属のリングで張った皮をはさみ、紐などで強く締め上げた太鼓で、皮の真ん中に「撥皮」が張ってあり、打つときはこの部分を打ちます。

附締太鼓

締太鼓の音を高くて硬い音にするために革を厚くしたもです。5種類の厚みの太鼓があり、薄いものが軽やかで、厚くなるにつれ硬い音質になります。また、皮の張り具合を調節することにより、好みの音質にすることができます。

和太鼓の種類

和太鼓の構造は、胴と皮とそれを留める鋲や紐などで大変シンプルな作りとなっています。しかし、胴や皮の素材や大きさなどでさまざまな種類のものがあり、太鼓の音も違ってきます。