和太鼓荒川社中

父、母、娘で結成されたプロの和太鼓のグループです。国内外のイベントやTV、ラジオ等で活躍しているほか、和太鼓の指導、作曲、和太鼓コンサートの企画など幅広く活動しています。

名称 和太鼓荒川社中
設立年 2005年
特徴

心を打つ。太鼓を打つ。
「設立」:2005年、千葉県流山市にて結成。
​「演者」:父/正輝、母/喜美枝、たまに娘/仁美が参加。
​「演奏」:小さなコンサートから大きなイベントまで、国内外は勿論、TV、ラジオ等幅広く活動。
​「指導」:講師歴25年のキャリアにて、述べ10000人以上の太鼓打ちを育成。
​「作曲」:大太鼓独奏曲を得意とし、組曲に於いても数多くのレパートリーを創作。
​「企画」:千葉県東葛飾地区にて、初の本格的な和太鼓コンサート「東葛太鼓祭」を企画等、他多数。
​「コンテスト」:全国で開催されたすべての大太鼓コンテスト(当時は6ヶ所で開催)を制覇。
「著書」:(一般財団法人)日本太鼓協会【和太鼓教本②】の発行に携わり、「やぐら打ち」編の執筆。
​「メッセージ」:太鼓とは、叩くものではなく『打つ』もの。それは、観ている人の『心を打つ』という事。心を込めて打ち囃し、力の限り打ち鳴らす。和太鼓で、喜びを、怒りを、悲しみを、そして楽しさを表現します。

出展:和太鼓荒川社中ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る