林英哲

林英哲(はやしえいてつ)

林英哲氏は、半世紀近く演奏活動を続け、和太鼓を独自の舞台音楽表現にすべく活動を続けている太鼓奏者です。私は、林英哲氏の公演を見たときに衝撃を受けました。今までに見たことがない和太鼓演奏のスタイルがそこにはありました。私が見たのは、山下洋輔氏のジャズピアノとのコラボだったのですが、それは私の中の和太鼓の常識を超えるものでした。唯一無二の表現活動という表現に納得した瞬間でした。常に和太鼓の新しい可能性を追求し続けている林英哲氏は、間違いなく日本の和太鼓奏者の第一人者と言えるでしょう。

名称 林英哲(はやしえいてつ)
活動開始 1982年(ソロ活動開始)
特徴

林英哲(はやし えいてつ)


11年間のグループ活動後、82年太鼓独奏者として活動を開始。
84年初の和太鼓ソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー。
現代音楽の分野でも前例のない和太鼓ソリストとして国際的に高い評価を得た。

00年にはドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演、2万人を超える聴衆を圧倒させた。

太鼓独奏者としてロック、ジャズ、現代音楽、民族音楽などの演奏家と共演しながら、かつての日本の伝統にはなかったテクニックと体力を要する大太鼓のソロ奏法の創造、多種多様な太鼓群を用いた独自奏法の創作などジャンルを超越した、まったくオリジナルな太鼓表現を築きあげていく。

出展:林 英哲オフィシャルホームページ

動画
ホームページ

和太鼓のプロに戻る