岩切 響一

伝統的な太鼓のリズムだけでなく、様々な洋楽のリズムを太鼓に取り入れ、2本のバチで表現する。プロとして幅広く演奏活動を続ける一方、舞台の演出、新曲作りなど、新たな太鼓の可能性を追求し続けている。(HPから)

名前 岩切 響一
ソロ活動本格開始 2012年
プロフィール

about KYOICHI IWAKIRI

1992年生まれ、宮崎県出身 2歳よりバチを握り、父からもらった太鼓を遊び道具とし、幼い頃よりリズムを身につけ、小学校4年生から橘太鼓「響座」のメンバーとしての活動を開始。日本国内だけでなく、海外での公演も多数経験している。
また日本太鼓ジュニアコンクールで、最優秀内閣総理大臣賞を2回獲得。山本寛斎のスーパーショー七人の侍に出演やGLAYのサポートドラマー「Toshi Nagai」との共演。
さらに2016年~2017年にかけて全国コンサートツアーを展開。次世代を担う和太鼓奏者として注目され、伝統的な太鼓のリズムだけでなく、様々な洋楽のリズムを太鼓に取り入れ、2本のバチで表現する。
プロとして幅広く演奏活動を続ける一方、舞台の演出、新曲作りなど、新たな太鼓の可能性を追求し続けている。

出典:「岩切 響一」ホームページ

ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る