篠笛奏者 片野 聡

2008年ソロの篠笛奏者として活動を始め、学校やカルチャースクールでの講師、笛の製作なども並行して行うようになりました。2017年4月から福岡県柳川市に拠点を移し、観光業・船頭業に従事しながら活動を続けており、2018年には柳川をテーマにした舟唄「船頭日和」を発表しました。

名前 篠笛奏者 片野 聡
活動開始 2008年
プロフィール

篠笛奏者 片野 聡プロフィール

昭和 57 年(1982)11 月 5 日千葉県佐原市生まれ。

父親の影響で 9 歳より佐原囃子の笛を始め、中学入学と同時に佐原囃子の演奏グループ 「与倉芸座連」に加入。

同時期よりギター、ベース、キーボード等様々な楽器を独学で覚え、ロックバンドでの音楽活動も開始する。

2005年秋に千葉県友好使節団としてアメリカ・ウィスコンシン州で佐原囃子を披露したこ とがきっかけとなり、2008 年ソロの篠笛奏者として活動を始める。

また、学校やカルチ ャースクールでの講師、笛の製作なども並行して行うようになる。

2016年には劇団アドックの舞台「月さびよ」に役者兼奏者で出演・演奏と作曲を担当。笛 での受賞歴多数。

2017 年は開催されたコンクールのグランドスラムを達成。今まで開催さ れた 3 大会の全てで優勝、同一大会にて複数回の優勝経験がある唯一の奏者。(現在「全国 横笛コンクール」は未開催)

2017 年 4 月から福岡県柳川市に拠点を移し、観光業・船頭業に従事しながら活動を続け ており、2018年には柳川をテーマにした舟唄「船頭日和」を発表。

2019年には映画「こ の道」公開イベントで柳川を訪れたEXILEのAKIRA氏の船頭を務めた他、舟中での笛の 演奏も担当する。

趣味は釣り、相撲観戦、読書。特技は手話。独身。バツなし。

出典:「篠笛奏者 聡の部屋」ホームページ

動画
ホームページ

 

篠笛奏者に戻る

TOPページに戻る