太鼓打ち シンゴ

小学生から太鼓を始め、2011年に太鼓奏者としてデビューしました。尺八、三味線などの和楽器に留まらず、ポップスやジャズ、クラシックなど様々な音楽、ダンサー、俳優、けん玉師など様々なパフォーマーとも共演しています。2012年からは「ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ」に所属して、国内外のイベント、国際会議などでも活躍しています。

名前 太鼓打ち シンゴ
ソロ活動開始 2011年
プロフィール

シンゴ(太鼓)
横浜市出身。身長188cm! 小学一年生より地元横浜の都筑太鼓で太鼓を始め、学生時代の吹奏楽の経験(パーカッション・マーチング・ドラムメジャー)を経て、2011年に太鼓奏者としてデビュー

太鼓同士や尺八、三味線などの和楽器による音楽に留まらず、ポップスやジャズ、クラシック、ワールドミュージックなど、ジャンルを問わず様々な音楽に太鼓で加わってきた。

また、ダンサー、俳優、殺陣師、人形師、けん玉師などの様々なパフォーマーとも共演。著名なものでは、アイドルグループ「嵐」のドーム・アリーナツアー、NHK・Eテレ「にっぽんの芸能」、NHK・BS 内田有紀主演ドラマ「荒神」への出演、タレント「所ジョージ」のアルバムレコーディングなど。

横浜(2012年)と新宿(2015年)にてソロリサイタルを開催。2016年には伊豆半島のホテルサンハトヤにて、1ヶ月間毎晩行われるディナーショーの制作・出演を担当。その他にもライブハウスやホールの主催事業の制作・出演を行うなど、数々のステージで演奏に留まらずリーダーとして制作も務める。

2016年、男性和楽器奏者4人組の「SAMURAI J BAND」を結成。ジャンルにとらわれず、国境や人種、あらゆる境界線を持たない“BORDERLESS”な活動を目指し活動中。

2017年にはオリジナルアルバム「THE ZEN」を発表。2018年には、ドイツのケルン日本文化会館で単独公演を敢行。デュッセルドルフで開催されている「NRW 日本デー(Japan-Tag)」では メインアクトとして出演するなど、国内のみならず世界への挑戦も続けている。

2012年より、世界的な太鼓ドラマー、ヒダノ修一率いる「ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ」に所属。全国から選ばれた8名の太鼓奏者の一員として、国内外の巨大イベント、国際会議などで演奏する。

2018年、篠笛奏者の岸田晃司とのデュオ「」を結成。アフリカ2ヶ国、イタリアでの演奏を行うなど、国内外を問わず活動中

出展:「太鼓打ち シンゴ」ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る