レビューHTB天鼓

1987年創設以来、「打打打団 天鼓」として、大小四十数台の和太鼓、津軽三味線、篠笛などを駆使したコンサートはエンターテイメント性に溢れ、その公演は国内のみならずヨーロッパ諸国、中近東、アジア諸国、ロシアなど、世界三十ヶ国1400公演を超える。(HPから)

名称 レビューHTB天鼓
設立年 1987年
特徴

レビューHTB天鼓とは

1987年創設以来、「打打打団 天鼓」として、大小四十数台の和太鼓、津軽三味線、篠笛などを駆使したコンサートはエンターテイメント性に溢れ、その公演は国内のみならずヨーロッパ諸国、中近東、アジア諸国、ロシアなど、世界三十ヶ国1400公演を超える。

2019年、拠点を長崎に移すとともに、名称を「レビュー HTB 天鼓」と改める。

和楽器を軸に据えながらも、それのみにとらわれず、ショー、ミュージカル、演劇、古典芸能等、エンターテイメントを構成する様々なジャンルを包含したユニークなその舞台は、「伝統とモダニズムを融合させた稀有のグループ」と評され、高い評価を得ている。

2011年大阪文化祭賞奨励賞、2018年大阪フリンジフェスティバル最優秀賞受賞。

出典:「レビューHTB天鼓」ホームページ

動画
ホームページ

和太鼓のプロに戻る