和太鼓奏者 良鳴竜一 

東京の「大江戸助六太鼓」に入団し国内外で活躍したのち、独立して故郷富山県で和太鼓の音楽性、芸術性を高めるために活動しています。様々な楽器とのセッションをこなす自由な演奏スタイルで、和洋にとらわれる事のない和太鼓奏者です。

名称 和太鼓奏者 良鳴竜一
活動開始 2000年(ソロ活動開始)
プロフィール

和太鼓奏者
良鳴竜一(よしなり りゅういち)13才よりパーカッションを始める。
22才の時、和太鼓と出会い東京の老舗プロ集団「大江戸助六太鼓」に入団。
以後プロ活動を通して、国内外を問わず数々のミュージシャンと舞台を共にする。
洋楽のエッセンスを取り入れ、見事和太鼓に融合させたそのスタイルで多くの観客を魅了し、新しい太鼓音楽の発展に貢献してきた。
2000年には退団、独立して故郷富山県に戻り、更なる和太鼓の音楽性、芸術性を高めるために活動中。
また、演奏の他にも和太鼓教室を主宰したり、作曲や演出、舞台の音楽等も意欲的に取り組んでいる。

シンセやドラム、三味線やヴォーカルなど様々な楽器とのセッションもこなす自由な演奏スタイル。
今までの和太鼓の魅力を兼ね備えつつ、和洋にとらわれる事のない和太鼓奏者として、いくつかのアプローチの違うバンドを結成し活動中。
出展:和太鼓奏者 良鳴竜一ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る