大塚 宝

幼少の頃和太鼓に魅せられ「大江戸助六太鼓」に入門し、師範となり独立。邦楽器と洋楽器を融合させたロックバンド「六三四-MUSASHI-」に参加し、国内・海外ツアーを行ったのち、和太鼓の無限の可能性を伝えていきたいと精力的にソロコンサートも行うなど、日本を代表する魅せる和太鼓アーティストとして走り続けています。

名前 大塚 宝
ソロ活動開始 1997年
プロフィール


幼少の頃和太鼓に魅せられ、和太鼓の元祖といわれるプロ団体に入門。後に師範となり道を極める。
以後独立。邦楽器と洋楽器を融合させたロックバンド「六三四-MUSASHI-」に結成当初より参加し、国内・海外ツアー、アルバムリリース、アニメや映画音楽なども担当する。

さらに国内外様々なミュージシャンやアーティストとのコラボレーションをはじめ、歌手 坂本冬美コンサートのゲストアーティスト、歌手 北山たけしへの大太鼓指導・コンサートにおける楽曲提供も行っている。
2005年世界遺産「日光」の歴史をイメージに、その作曲を担い第5章からなる「和太鼓組曲 神橋」を創作し、ソロアーティストとして活動の幅を広げる。ステージ活動のほか、2002年自らプロデュースする和太鼓教室「宝塾」を旗上げし後進の指導にも力を注いでいる。
日本の伝統楽器である和太鼓の無限の可能性を伝えていきたいと精力的にソロコンサートも行うなどそのステージでのパフォーマンスは、流麗かつ重圧・躍動感あるバチ捌きで華麗に舞う打法とされ、日本を代表する魅せる和太鼓アーティストとして走り続けている。

出典:「和太鼓 宝塾」ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る