和奏ユニット ​蓮風

和太鼓・津軽三味線・篠笛という日本の伝統楽器を使い2003年「和奏ユニット​蓮風」を結成し、2009年から村下、友岡氏の男性2名が主メンバーとして、大阪を拠点に本格的なプロ活動を始動しました。吹雪き舞うような力強い津軽三味線の二人弾きや和楽器同士の二重奏が生み出すメロディは、日本の情景が目に浮かんできます。

名称 和奏ユニット ​蓮風(れんぷう)
結成年 2003年
特徴

和太鼓・津軽三味線という日本の伝統楽器を使い路上パフォーマンスから発足。2003年 和奏ユニット​蓮風を結成、大阪を拠点に全国で活躍中。村下と友岡の男性2名が主メンバーとして構成され2009年より本格的なプロ活動を始動

樹齢約250年の大木で作られたくり抜きの3尺3寸の大太鼓を筆頭に扱う楽器は和太鼓・津軽三味線・篠笛と多数。吹雪き舞うような力強い津軽三味線の二人弾きや和楽器同士の二重奏が生み出すメロディは日本の情景が目に浮かびます。

出展:「和奏ユニット ​蓮風(れんぷう)」ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る