和太鼓奏者 高木 大介

兵庫県出身。12歳の時からパーカッション、ドラム、15歳の時にマーチングドラムを学び、23歳で和太鼓に転向し、太鼓社中夙川(しゅくがわ)太鼓で活動したあと上京し、2003年から1年間、桶太鼓ユニットZI-PANGに在籍しました。2005年からソロプレイヤーとしての活動を本格化し、パーカッションやマーチングドラムの経験を生かした独自の太鼓スタイルを追求しています。

名称 和太鼓奏者 高木 大介
プロ活動開始 2005年
プロフィール

太鼓奏者/高木大介


兵庫県尼崎市出身。12歳の時からパーカッション、ドラムをはじめ、15歳の時にマーチングドラムを学ぶ。23歳で和太鼓に転向、太鼓社中夙川太鼓で関西流和太鼓にふれる。

その後上京、2003年から一年間、桶太鼓ユニットZI-PANGに在籍した。2005年よりソロプレイヤーとしての活動を本格化し、パーカッションやマーチングドラムの経験を生かした独自の太鼓スタイルを追求している。ペヨンジュン主演 音楽:久石譲氏の韓国ドラマ《太王四神記》のレコーディングにも太鼓で参加。

太鼓シーンだけでなくダンスカンパニーとのコラボレーションや舞台、クラブなど他ジャンルとのコラボレーションにも力をいれ幅広く活動中。2008年に和太鼓グループ『太鼓小僧』を立ち上げる、

近年のオーソドックスな太鼓スタイルに加え、伝統的な太鼓スタイルをアレンジした太鼓セットなど、音とパフォーマンスで観客を楽しませるライブは好評を得ている。

出展:「和太鼓奏者 高木 大介」ホームページ

ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る