和太鼓奏者 谷口武芳

谷口武芳氏は、自らが制作したデジタルサウンドや映像と和太鼓を融合させるパフォーマンスなど、多彩な演奏表現によって現代と伝統を結びつけた新たな音楽を創り出しています。また、作曲家としてもアーティストへ曲の提供をするなど様々な活動を精力的に行っています。

名称 和太鼓奏者 谷口武芳
活動開始 2007年(ソロ活動開始)
特徴

谷口 武芳(たにぐち たけよし)
栃木県宇都宮市生まれ。
和太鼓奏者・篠笛奏者として、また作曲家として活動している。
高校の部活動をきっかけに山梨県にて和太鼓を学ぶ。
和太鼓と篠笛を天野流 故天野宣、横笛奏者狩野嘉宏より学ぶ。作曲・音楽制作をメーザー・ハウスで学ぶ。
新しいソロスタイルを追求し、自身で制作をしたデジタルサウンドと和太鼓の同期演奏に取り組む。洋楽器や電子機器を組み合わせ和楽器と現代の音を結ぶ新たな音楽表現に挑み公演を重ねている。

ソロ演奏の他、自身が立ち上げた音楽ユニット「和太鼓 誉(ほまれ)」としてグループ活動も展開、和太鼓以外の音楽ジャンルやパフォーマーとのコラボレーションステージを繰り広げる。和太鼓を音楽としてより多くの人に親しみを持ってもらえるよう様々な表現に挑戦し創作に励む。
自身の楽曲以外にも、他アーティスト曲、企業自治体などのイメージソング、よさこいなどの和風ダンスミュージックなどを手掛ける。

関西を拠点に活動するグループ「和楽器演奏集団独楽(こま)」のメンバーとしても公演に参加。また、プロけん玉師の伊藤佑介パフォーマンス「和音和技」の和太鼓担当。

出展:和太鼓奏者 谷口武芳ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る