高木てん

入社した石材屋の社長が和太鼓をやっていたことで24歳の時和太鼓と出会い、その後、和太鼓集団「TAO」に入団し3年間レギュラーとして活躍しました。2008年からソロ活動やユニット活動を開始、2010年からは3年に1度、全10回を目標にソロコンサート「こ」を開始しています。一生をかけ和太鼓に打ち挑み続けるその強い信念とハッピーパワーは、見るものに深い感銘と強い影響を与え続けています。

名称 高木てん
ソロ活動開始 2008年
プロフィール

高木てん【プロフィール】


石仏好きが高じ石材屋へ入社したところ社長が和太鼓をやっており24歳の時、初めて和太鼓と出会う。
その後、世界的和太鼓集団「TAO」に入団、普通であればレギュラープレーヤーになるのに数年を要する研修期間だがTAO史上初である、入団1ヶ月でレギュラーを獲得するという快挙的なエピソードを持つ。
篠笛は藤舎次生氏に師事。
3年間の在籍ののち、己の確立を目指し退団。
以後ソロプレーヤーの集団  林田ひろゆきプロデュース TAIKO JAZZ「ZI-PANG」のメンバーとして10年間、国内・外での数々のステージ経験を積む。
現在女性3ピースユニット美悟音(みごと)の他、様々なジャンルとのコラボを行っている。
また[マイオリンピック]と位置づけ2010年から開始した‘自分に挑み続ける事’を目的として行っている。
3年に1度、全10回のソロコンサート「こ」は自身のライフワークでもあり己の一生をかけ和太鼓に打ち挑み続けるその強い信念と、底抜けなるハッピーパワーは、見るものに深い感銘と、強い影響を与え続けている。

主な出演に、エディンバラフリンジフェスティバル、ヨーロッパツアー公演、北島三郎公演、東京ガールズコレクション2010、姜文監督作品出演明治座「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」などがある。

出展:「高木てん」ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る