和楽-WAGAKU-

「和楽(わがく)」は、愛知県の和太鼓奏者である「友永綾美」氏が率いる女性だけの和洋混成プロチームです。女性のみのアーティストユニットとして、『打つ・吹く・唄う・舞う』のコンセプトで本格的な伝統芸能から最新の音楽まで、あらゆるシーンを演出し活躍しています。

名称 和楽-WAGAKU-
設立年 2001年
特徴

【打つ!吹く!唄う!舞う!】
2001年・11名の女性グループとして結成、初演奏は六本木CLUB KOUにてラップシンガーとのコラボレーションという異例のスタートを切る。以降、名古屋では初めての、”女性のみの和太鼓プロアーティストグループ”として、以降、様々なステージ、ゲスト・サポート出演、音楽制作、メディア出演など、場所を問わないステージを展開し、打つ・吹く・唄う・舞うというコンセプトで、パフォーマンスと芸術性、女性ならではのしなやかさと力強さの共存を最大限に生かしている。

【伝統スタイルからワールドミュージックまで国境も時空も軽々と超えて】
また、ジャンル問わず様々なアーティスト、パフォーマーなど、メンバー編成を自在に変えるスタイルも可能とし、伝統芸能は勿論、国境を越えた芸術・音楽まで即対応できる幅の広さを武器としている。 古典や邦楽器のみのアコースティックなステージは勿論、『アジアの日本』におけるドラマティックな映画音楽を思わせる楽曲、ボーカルの入ったPOPSやクラシック要素に至るまで、様々な楽器を駆使した楽曲制作に定評がある。
2008年、初のシングルCDをリリースし、和楽器をメインとしたJ-POPsという新しい音楽を作り上げ、多くのファンを獲得。

出典:「和楽-WAGAKU-」ホームページ

動画
ホームページ

 

和太鼓のプロに戻る